コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榊原[温泉] さかきばら

百科事典マイペディアの解説

榊原[温泉]【さかきばら】

三重県津市,布引山地山麓にある温泉。単純硫化水素泉など。35℃。古く七栗の湯といった伊勢路の名湯で,平安期に多くの歌に詠まれている。江戸時代には湯屋が置かれていた。
→関連項目久居[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さかきばら【榊原[温泉]】

三重県久居市,青山高原東麓の貝石(かいせき)山の断層崖下にある温泉。弱アルカリ性単純硫化水素泉,35℃。かつての七栗(ななくり)郷の地で,歌枕として知られ,《枕草子》にもみえる七栗の湯はこの温泉であるとの説もある。室生赤目青山国定公園の一中心で,榊原自然歩道,青山高原有料道路もあり,近鉄大阪線榊原温泉口駅からバスの便がある。【藤本 利治】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報