コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榎・朴 えのき

大辞林 第三版の解説

えのき【榎・朴】

ニレ科の落葉高木。高さは20メートルに達する。葉は左右不同の広卵形。雌雄同株。春、葉とともに淡黄色の小花を数個ずつつける。小核果は熟すと橙色になり食用となる。材は器具・薪炭などに用いられる。昔は街道の一里塚に植えられた。古名、え。 → えのみ(榎の実)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

榎・朴の関連キーワード

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android