榎倉 省吾(読み)エノクラ ショウゴ

20世紀日本人名事典の解説

榎倉 省吾
エノクラ ショウゴ

昭和期の洋画家



生年
明治34(1901)年7月15日

没年
昭和52(1977)年4月30日

出生地
兵庫県

学歴〔年〕
神戸市立一中卒

経歴
昭和3年二科展に初入選、9年同展に「アメリカ村」などを出品して特待となり、16年「竜城の跡」「北京の秋」で二科会友賞を受賞、翌17年同会会員となる。20年行動美術協会創立会員となり、没年まで出品を続け、また日展にも依嘱出品した。風景、静物を多く描き、代表作に「新緑海樹」「スモモの花」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android