コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造計算法の種類

1件 の用語解説(構造計算法の種類の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

構造計算法の種類

木造は3階建て以上か延べ面積500平方メートル以上、木造以外は2階以上か同200平方メートル以上だと構造計算が必要になる。計算法は建築基準法の施行令と告示で定められており、許容応力度等計算、限界耐力計算、エネルギー泡時刻歴応答解析の四つある。エネルギー法は地震で建物が受けるエネルギーと、建物が揺れたり壊れたりして消費するエネルギーの釣り合いを計算する方法で、昨年から使えるようになった。60メートルを超える高層建築は時刻歴応答解析で計算しなければならない。揺れによって刻々と変化する建物の各部に生じる力や変形を連続的に把握して計算に反映させる高度な方法だ。

(2006-03-07 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

構造計算法の種類の関連キーワード延べ面積構造計算延面積平方メートル阪急西宮ガーデンズ耕地利用率JR博多駅の駅ビル建て替え福祉施設の防火基準強化案イーストコア曳舟大工手間

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone