コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

槍・鑓・鎗 やり

大辞林 第三版の解説

やり【槍・鑓・鎗】

武器の一。鉾ほこに類似のものから変化したもので、長い柄の先端に剣状の刃物(穂)を付けたもの。鎌倉最末期に発生し戦国時代に徒歩集団戦の激化とともに盛行し、戦いの主要武器となった。普通は茎仕立なかごじたてで、まれに袋状の穂に柄を差し込む袋槍がある。穂の形状により素槍・十文字槍・鎌槍・大身おおみ槍、柄の形状などにより管くだ槍・鉤かぎ槍・皆朱の槍、柄の長さにより手槍・長柄などの別がある。
将棋で、香車きようしやの俗称。
陸上競技の槍投げに用いる用具。
やじること。妨げること。 「 -とは拙き芸をののしり、さまたぐること/滑稽本・狂言田舎操」 → 横槍

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

槍・鑓・鎗の関連キーワード滑稽本素槍

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android