コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

様・方 さま

大辞林 第三版の解説

さま【様・方】

( 名 )
物事の様子や状態。ありさま。 「彼女の寂しげな-」 「蝶の群れ飛ぶ-」 「 -変わり」
すがた。かたち。 「この君の十ばかりになり給へる-の、ゆゆしきまでをかしげなるを/源氏 玉鬘
やり方。方法。また、形式。 「もの言ふ-も知らず/源氏 常夏」 「僧正遍昭は、歌の-はえたれども、まことすくなし/古今 仮名序
品格。人柄。 「この度はいかでかいなび申さむ。-もよき人におはす/竹取」
( 代 )
近世、多く遊里で用いられた。
二人称。親愛の気持ちをもっていう。 「大事の物ながら-になに惜しかるべし/浮世草子・一代男 1
三人称。あのかた。 「是はととの手焼きの金槌煎餅、-に進ぜて下さりませ/浄瑠璃・氷の朔日
( 接尾 )
人を表す名詞または身分・居所などに付いて、尊敬の意を表す。 「中村-」 「お母-」 「殿-」 「仏-」 「公方くぼう-」
接頭語「お」「ご(御)」を冠した名詞または形容動詞に付いて、丁寧にいう場合に用いる。 「御馳走ごちそう-」 「お粗末-」 「御苦労ごくろう-」
現代では普通「ざま」の形をとる。動詞連用形に付く。
…するようすの意を表す。 「続け-」 「生き-」 「起居挙動たちいふるまいから物の言い-まで/浮雲 四迷
…する瞬間、…すると同時の意を表す。 「すれ違い-」 「振り向き-」
〔後世「ざま」という〕 体言に付いて、方向・方面を表す。 「雨が横-に降る」 「眉は額-に生ひあがり、鼻は横-なりとも/枕草子 49」 「いととく京-に上りければ/古本説話 58
動詞に付いて、その時、その折の意を表す。 「したはれてきにし心の身にしあればかへる-には道も知られず/古今 離別
体言またはこれに「お」「ご(御)」を冠した語に付いて、「こと」の意の丁寧語として用いる。 「これははばかり-」 「御無事なお顔おうれし-や/浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報