樊籠・樊篭(読み)はんろう

大辞林 第三版の解説

はんろう【樊籠・樊篭】

鳥かご。
転じて、身体の自由や行動を拘束したりする物事。 「おん身をして久しく-の中にあらしめき/即興詩人 鷗外
衆生しゆじようが煩悩ぼんのうにしばられていることをたとえていう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android