コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標本化定理(通信工学) sampling theorem

法則の辞典の解説

標本化定理【sampling theorem】

時間に関して連続的に変化する信号の場合,この信号に含まれている最高周波数成分の2倍以上の周波数で等間隔に信号の標本値をとれば,これらの標本値のみで,もとの信号を完全に復元することが可能となる.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

標本化定理(通信工学)の関連キーワードナイキストシャノンの定理デジタルオーディオサンプリング定理ナイキスト周波数ナイキストの定理標本化定理ナイキスト

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android