コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

模擬原爆

1件 の用語解説(模擬原爆の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

模擬原爆

45年7月20日~8月14日、原爆を正確に照準地に投下するための練習として繰り返された。使われたのは通常の爆薬だが、「長崎原爆」と同じ形で、同じ4・5トンの重さ。18都府県の49カ所で約400人が亡くなった。愛知県は春日井市に4発、豊田市に3発、名古屋市に1発、岐阜県は大垣市に1発が落とされた。

(2016-08-16 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

模擬原爆の関連キーワード原子兵器中性子爆弾プラスチック爆弾原水爆ぴかどんプルトニウム爆弾ウラン爆弾核爆弾CBUクラスター(集束)爆弾

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

模擬原爆の関連情報