横尾 泥海男(読み)ヨコオ デカオ

20世紀日本人名事典の解説

横尾 泥海男
ヨコオ デカオ

昭和期の俳優



生年
明治32(1899)年8月9日

没年
昭和31(1956)年7月5日

出身地
佐賀県

本名
横尾 勇

学歴〔年〕
東京美術学校洋画科

経歴
大正12年松竹蒲田美術部に入社。ついで助監督となるが、13年「春は来れり」に山男役で出演以来俳優に転向。鈴木伝明のグループに属し伝明映画に殆んど出演。昭和3年頃からブームとなった短篇喜劇にも出演。とりわけ斉藤寅次郎「女は強くて独りもの」では伊達里子を相手役に主役。他に小津安二郎落第はしたけれど」などに出演。昭和6年不二映画創立し参加。8年解散後は古川緑波らの笑の王国に参加する。写真化学研究所の第一作「ほろよひ人生」にも吉沢久雄とのコンビで大泥棒にふんすなど個性豊かな巨漢俳優として活躍。戦後も清水金一のシミキン物などに助演したが、スクリーンから姿を消した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

横尾 泥海男
ヨコオ デカオ


職業
俳優

本名
横尾 勇

生年月日
明治32年 8月9日

出身地
佐賀県

学歴
東京美術学校(東京芸術大学)洋画科

経歴
大正12年松竹蒲田美術部に入社。ついで助監督となるが、13年「春は来れり」に山男役で出演以来俳優に転向。鈴木伝明のグループに属し伝明映画に殆んど出演。昭和3年頃からブームとなった短篇喜劇にも出演。とりわけ斉藤寅次郎「女は強くて独りもの」では伊達里子を相手役に主役。他に小津安二郎「落第はしたけれど」などに出演。昭和6年不二映画創立し参加。8年解散後は古川緑波らの笑の王国に参加する。写真化学研究所の第一作「ほろよひ人生」にも吉沢久雄とのコンビで大泥棒にふんすなど個性豊かな巨漢俳優として活躍。戦後も清水金一のシミキン物などに助演したが、スクリーンから姿を消した。

没年月日
昭和31年 7月5日 (1956年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android