横山 勝也(読み)ヨコヤマ カツヤ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
尺八奏者(琴古流)

肩書
東京音楽大学名誉教授,国際尺八研修館館長

本名
横山 信也(ヨコヤマ シンヤ)

別名
雅号=横山 普雪

生年月日
昭和9年 12月2日

出身地
静岡県 沼津市

学歴
清水東高〔昭和28年〕卒,NHK邦楽技能者育成会〔昭和35年〕修了

経歴
尺八の世界で知られた家柄に生まれ、清水東高校を卒業すると化学会社に就職したが、24歳で上京して尺八を海童道祖らに師事。昭和39年山本邦山、青木静夫(2代目青木鈴慕)と尺八三本会を結成、流儀を越えた活動は“尺八ルネッサンス”と呼ばれる尺八ブームを起こした。42年武満徹作曲「ノベンバー・ステップス」の小沢征爾指揮ニョーヨーク・フィル初演に出演。世界50ケ国以上で公演を行い、国際尺八研修館館長を務めるなど、国内外での尺八普及に力を注いだ。45年芸術選奨文部大臣賞、47年芸術祭賞大賞を受け、平成12年紫綬褒章を受章。作曲に「音句」「二つの唄」「惜春」「魔切」「響流」など、著書に「尺八楽の魅力」がある。

受賞
芸術選奨文部大臣賞〔昭和45年〕 紫綬褒章〔平成12年〕 芸術祭賞優秀賞〔昭和46年〕,芸術祭賞大賞〔昭和47年〕,レコード・アカデミー賞(日本人演奏部門)〔平成3年〕,モービル音楽賞(第21回)〔平成3年〕,伝統文化ポーラ賞(ポーラ賞 第19回)〔平成11年〕

没年月日
平成22年 4月21日 (2010年)

家族
祖父=横山 篁邨,父=横山 蘭畝,母=横山 かよ(生田流箏曲教授)

伝記
竹と生きる―勝也尺八修行帖私の転機―道を拓く 横山 勝也 著朝日新聞「こころ」のページ 編(発行元 音楽之友社海竜社 ’94’86発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android