コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山松三郎(1) よこやま まつさぶろう

1件 の用語解説(横山松三郎(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山松三郎(1) よこやま-まつさぶろう

1838-1884 幕末-明治時代の写真家,洋画家。
天保(てんぽう)9年10月10日択捉(えとろふ)島生まれ。箱館(はこだて)でロシアの画家レーマンに写真術や油絵をまなび,のち下岡蓮杖(れんじょう)に師事。明治元年東京両国に写真館を,6年上野に画塾をひらく。3年日光,翌年荒廃した江戸城を撮影。陸軍士官学校で写真術,石版法を講義した。明治17年10月15日死去。47歳。名はのち文六。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

横山松三郎(1)の関連キーワード石橋松之助鵜飼玉川葛城思風木津幸吉日下部金兵衛小島喜三郎小島柳蛙松浦栄守田来蔵渡辺勉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone