コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山源之助(1871~1915)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

横山源之助(1871~1915)

明治から大正初期の社会派ジャーナリスト。魚津市出身。新聞記者から、今でいうノンフィクション作家に転じ、多くのルポを書く一方、政府の社会調査にもかかわった。東京などの貧民街を訪ねて職業や人口、賃金や生活費などを調べた代表作日本之下層社会」では、魚津に触れた記述もある。同書統計の実証性や文学的な描写が併存しているのが特徴で、社会学や経済史的にも貴重な資料だという。

(2008-06-29 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

横山源之助(1871~1915)の関連キーワード日鉄機関方ストライキルポルタージュ日本の下層社会最暗黒之東京横山 源之助2月21日横山源之助桜田 文吾松原岩五郎桜田文吾労働調査下層社会国民之友職工事情女工哀史都市問題女性労働労働世界内職横山

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android