横沢 三郎(読み)ヨコザワ サブロウ

20世紀日本人名事典の解説

横沢 三郎
ヨコザワ サブロウ

昭和期のプロ野球監督・審判員



生年
明治37(1904)年12月17日

没年
平成7(1995)年11月28日

出身地
台湾

学歴〔年〕
明治大学卒

経歴
旧制荏原中時代は遊撃手明大では好守の名二塁手としてならし、昭和4年東京倶楽部入り、都市対抗大会で4度の優勝を経験する。その間、東京六大学リーグの専属審判も務め、“名審判”とうたわれる。プロ野球がスタートした昭和11年からプロ野球界にあり、戦前のセネタース監督時代には兄弟4人が同一チームに在籍したことも。21年セネタース(現・日本ハム)を創立、初代監督に。23年より日本野球連盟審判に復帰し、26年から9年間パリーグの審判部長を務め、35年引退。その後は解説者も務めた。63年2月野球殿堂入り。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

横沢 三郎 (よこざわ さぶろう)

生年月日:1904年12月17日
昭和時代;平成時代のプロ野球監督・審判員
1995年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android