コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横浜市電

1件 の用語解説(横浜市電の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

横浜市電

1904年に開業。国鉄(当時)の終点駅だった桜木町駅を中心に路線が放射状に延びた。横浜市電保存館によると、最盛期の60年代前半は総延長約52キロ、1日平均で30万人を超える利用者があったが、自動車の普及で60年代後半から徐々に路線が廃止され、72年3月末に全廃。廃止時は総延長約12キロ、1日平均の利用者は約2万7千人だった。

(2007-08-14 朝日新聞 朝刊 神奈川全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横浜市電の関連キーワードターミナル国鉄終点愛知環状鉄道旧国鉄線の第三セクター鉄道高千穂鉄道世界の地下鉄肥薩おれんじ鉄道天竜浜名湖鉄道ニュー新橋ビル

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

横浜市電の関連情報