コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横谷宗【みん】(読み)よこやそうみん

百科事典マイペディアの解説

横谷宗【みん】【よこやそうみん】

江戸時代の金工家。後藤家の下地師であったが,家彫の作風に満足せず町彫を創始,下絵を英(はなぶさ)一蝶に求めて絵風の彫金を得意とした。また片切彫技法の大成者としても知られる。作品には三所(みところ)物が多く,横谷獅子と称する独特の獅子をはじめ,布袋,馬,一輪牡丹などの図柄が多い。代表作《獅子牡丹揃物》。
→関連項目土屋安親

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android