コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横隔膜まひ/横隔膜弛緩症 おうかくまくまひおうかくまくしかんしょう Diaphragm Paralysis Eventration of the Diaphragm

1件 の用語解説(横隔膜まひ/横隔膜弛緩症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

おうかくまくまひおうかくまくしかんしょう【横隔膜まひ/横隔膜弛緩症 Diaphragm Paralysis Eventration of the Diaphragm】

[どんな病気か]
 片方、あるいは両方の横隔膜動かない状態です。
 新生児や小児では、生まれつき(先天性に)横隔膜の筋肉がうまくできていない場合があって、横隔膜弛緩症になります。
 おとなでは、縦隔(じゅうかく)や肺の腫瘍(しゅよう)、大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)、外傷、縦隔の手術などによって、横隔膜を動かす神経(横隔神経(おうかくしんけい))が障害されて横隔膜まひがおこることが多いものです。
[症状]
 症状はないことが多いのですが、両方の横隔膜が完全に動かない場合、横になると呼吸が苦しいことがあります。
 胸部X線検査をすると、横隔膜が上にあがったままで、呼吸をしても動かない状態がわかります。
[治療]
 先天性の場合、長期(数か月)にわたる人工呼吸外科手術が行なわれます。
 おとなでは、両方のまひで症状が強いときは、鼻マスクによる人工呼吸や、外科手術をすることもあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

横隔膜まひ/横隔膜弛緩症の関連キーワード治療兄弟は両の手何心地不死身プリマドンナ病は気から精巣摘除火山円錐丘実験病理学 (experimental pathology)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone