コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横隔膜まひ/横隔膜弛緩症 おうかくまくまひおうかくまくしかんしょうDiaphragm Paralysis Eventration of the Diaphragm

1件 の用語解説(横隔膜まひ/横隔膜弛緩症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

おうかくまくまひおうかくまくしかんしょう【横隔膜まひ/横隔膜弛緩症 Diaphragm Paralysis Eventration of the Diaphragm】

[どんな病気か]
 片方、あるいは両方の横隔膜動かない状態です。
 新生児や小児では、生まれつき(先天性に)横隔膜の筋肉がうまくできていない場合があって、横隔膜弛緩症になります。
 おとなでは、縦隔(じゅうかく)や肺の腫瘍(しゅよう)、大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)、外傷、縦隔の手術などによって、横隔膜を動かす神経(横隔神経(おうかくしんけい))が障害されて横隔膜まひがおこることが多いものです。
[症状]
 症状はないことが多いのですが、両方の横隔膜が完全に動かない場合、横になると呼吸が苦しいことがあります。
 胸部X線検査をすると、横隔膜が上にあがったままで、呼吸をしても動かない状態がわかります。
[治療]
 先天性の場合、長期(数か月)にわたる人工呼吸外科手術が行なわれます。
 おとなでは、両方のまひで症状が強いときは、鼻マスクによる人工呼吸や、外科手術をすることもあります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone