コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樫・橿・櫧 かし

大辞林 第三版の解説

かし【樫・橿・櫧】

ブナ科コナラ属の常緑高木の総称。暖地に生える。日本にはアラカシ・アカガシ・シラカシ・ウラジロガシ・ウバメガシなどがある。葉は革質、長楕円形ないし披針形で、互生。雌雄同株。初夏、雄花はひも状の穂について垂れ下がる。秋にどんぐりを結ぶ。材は堅く、細工物などに用いられる。 〔「樫の実」は [季] 秋〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

樫・橿・櫧の関連キーワード

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android