コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樽見鉄道

1件 の用語解説(樽見鉄道の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

樽見鉄道

1984年に第三セクターとして設立。大垣―樽見(本巣市根尾樽見)間の34・5キロを約1時間でつなぐ。神海―樽見間の10・9キロは89年3月に開通した。19駅。1日の平均乗車数は約1640人。93年度までは黒字だったが、セメント輸送の減少で赤字に転落。昨年度の経常赤字は約9700万円だった。沿線5自治体からの補助は約1億円で、うち本巣市が約7千万円、大垣市が約1500万円と続く。

(2011-01-20 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樽見鉄道の関連キーワードブートセクター第三セクター三セクセクター歯車いつもの奴黒瀬杜氏旧国鉄線の第三セクター鉄道高千穂鉄道一どん笠沙恵比寿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

樽見鉄道の関連情報