コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋懸かり・橋掛かり・橋懸り・橋掛り はしがかり

大辞林 第三版の解説

はしがかり【橋懸かり・橋掛かり・橋懸り・橋掛り】

能舞台で、鏡の間から本舞台に向かって斜めにかけた勾欄こうらんのある通路。役者の登場・退場のほか、舞台の一部としても用いる。 → 能舞台
古く、歌舞伎舞台で下手の一部をさす称。初期歌舞伎では能舞台と同様のものであったが、のちには名称のみとなり、さす場所は一定しない。
建物の各部をつなぐ通路として渡した橋。渡殿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

橋懸かり・橋掛かり・橋懸り・橋掛りの関連キーワード能舞台本舞台渡殿

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android