コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋懸かり・橋掛かり・橋懸り・橋掛り はしがかり

1件 の用語解説(橋懸かり・橋掛かり・橋懸り・橋掛りの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

はしがかり【橋懸かり・橋掛かり・橋懸り・橋掛り】

能舞台で、鏡の間から本舞台に向かって斜めにかけた勾欄こうらんのある通路。役者の登場・退場のほか、舞台の一部としても用いる。 → 能舞台
古く、歌舞伎舞台で下手の一部をさす称。初期歌舞伎では能舞台と同様のものであったが、のちには名称のみとなり、さす場所は一定しない。
建物の各部をつなぐ通路として渡した橋。渡殿。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone