橋本 平八(読み)ハシモト ヘイハチ

20世紀日本人名事典の解説

橋本 平八
ハシモト ヘイハチ

大正・昭和期の彫刻家



生年
明治30(1897)年10月17日

没年
昭和10(1935)年11月1日

出生地
三重県伊勢市

経歴
明治45年宇治山田市で植物生態学、園芸学を学び、大正4年伊勢に戻り、三宅正直、亀田杢介に彫刻を学ぶ。8年上京し、内閣印刷局に勤務。9年佐藤朝山内弟子となり、11年第9回院展に「猫」を初出品、以来院展で作品を発表。昭和2年日本美術院同人となる。日本の木彫の伝統と西欧の塑像の特質とを融合させながら、当時の木彫界に新風を送り込んだ。代表作に「裸形少年像」「花園に遊ぶ天女」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

橋本 平八 (はしもと へいはち)

生年月日:1897年10月17日
大正時代;昭和時代の彫刻家
1935年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android