橋本 福松(読み)ハシモト フクマツ

20世紀日本人名事典の解説

橋本 福松
ハシモト フクマツ

明治〜昭和期の出版人,地理学者 古今書院社長。



生年
明治16(1883)年3月24日

没年
昭和19(1944)年2月5日

出生地
長野県上伊那郡西春近村(現・伊那市)

旧姓(旧名)
平沢

経歴
上京して正則英語学校などに入り、人類学者坪井正五郎の指導を受けて地理学・人類学を学んだ。明治35年より長野県諏訪郡の玉川小学校教諭となり、校長を務めていた歌人・島木赤彦に親炙。のち高島小学校や諏訪高等女学校・松本高等女学校などで教鞭を執った。その傍ら、諏訪湖の地理学的・考古学的研究を行い、39年には湖底から曽根遺跡を発見。大正7年には出版業を志して再び上京し、岩波書店に入社するが、間もなく病のため帰郷し、教員に復帰。11年みたび上京して地理書専門の古今書院を創業し、14年には「地理学評論」を創刊した。小川啄治・辻村太郎ら地理学者の著作を手がけたほか、少年書や詩歌書も刊行。また、日本文化出版協会評議員としても活躍した。著書に「湖沼学上より見たる諏訪湖の研究」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android