コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘ノ円都 たちばなの えんと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘ノ円都 たちばなの-えんと

1883-1972 明治-昭和時代の落語家。
明治16年3月3日生まれ。2代桂文団治の門にはいり,明治38年桂団寿の名で初高座。のち初代橘ノ円(まどか)の門にうつって橘家円歌を名のる。大正6年橘ノ円都と改名。一時引退したが,戦後活動を再開し,上方落語の復活につとめた。昭和47年8月20日死去。89歳。兵庫県出身。本名は池田豊次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

橘ノ円都の関連キーワード[各個指定]芸能部門新藤兼人田中角栄内閣中原佑介アルマン条約ガルシンサンフランシスコ・ジャイアンツ電気事業フィラデルフィア・フィリーズユーイング(Sir James Alfred Ewing)

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone