橘家 円蔵(7代目)(読み)タチバナヤ エンゾウ

20世紀日本人名事典の解説

橘家 円蔵(7代目)
タチバナヤ エンゾウ

大正・昭和期の落語家



生年
明治35(1902)年3月23日

没年
昭和55(1980)年5月11日

出生地
神奈川県

本名
市原 虎之助(イチハラ トラノスケ)

別名
前名=月の家 円鏡(2代目)(ツキノヤ エンキョウ)

主な受賞名〔年〕
芸術祭優秀賞〔昭和53年〕

経歴
著書「てんてん人生」どおり転職をくり返し、大正12年8代目桂文楽に入門、文雀となる。昭和21年月の家円鏡で真打ち。28年7代目橘家円蔵を襲名、渋い芸風にみがきがかかり「お直し」「芝浜」などを得意とした。落語協会派長老。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

橘家 円蔵(7代目)
タチバナヤ エンゾウ


職業
落語家

本名
市原 虎之助(イチハラ トラノスケ)

別名
前名=月の家 円鏡(2代目)(ツキノヤ エンキョウ)

生年月日
明治35年 3月23日

出生地
神奈川県

経歴
著書「てんてん人生」どおり転職をくり返し、大正12年8代目桂文楽に入門、文雀となる。昭和21年月の家円鏡で真打ち。28年7代目橘家円蔵を襲名、渋い芸風にみがきがかかり「お直し」「芝浜」などを得意とした。落語協会派長老。

受賞
芸術祭優秀賞〔昭和53年〕

没年月日
昭和55年 5月11日 (1980年)

伝記
談志絶倒 昭和落語家伝落語―知れば知るほど聞書き七代目橘家円蔵 立川 談志 著,田島 謹之助 写真橘 左近 著山口 正二 著(発行元 大和書房実業之日本社青蛙房 ’07’07’03発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

橘家 円蔵(7代目) (たちばなや えんぞう)

生年月日:1902年3月23日
大正時代;昭和時代の落語家
1980年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android