橘家 文三(読み)タチバナヤ ブンゾウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

橘家 文三
タチバナヤ ブンゾウ


職業
落語家

本名
町井 定吉

別名
前名=柳亭 左朝,柳亭 左福,橘家 仲蔵,橘家 扇蔵,橘家 小円蔵,柳亭 燕福,柳亭 燕橘,柳亭 小燕枝(4代目),入船 米蔵,橘家 文蔵,橘家 円治,橘家 円勝,後名=柳家 寿朗

生年月日
明治4年 1月25日

経歴
柳亭左伊竜に入門、左朝。左福を名乗った後、4代目橘家円蔵の門下に転じて、仲蔵、扇蔵、明治32年小円蔵。2代目柳亭燕枝の門に移ると燕福、燕橘を経て、40年4代目小燕枝。やがて入船米蔵を名乗り、4代目円蔵の門に戻って文蔵、大正4年文三。その後も円治、円勝と名を変えて再び文三に戻り、晩年は柳家金語楼の身内で寿朗を名乗った。

没年月日
昭和19年 12月20日 (1944年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android