橘家円太郎(初代)(読み)たちばなや えんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘家円太郎(初代) たちばなや-えんたろう

?-1871 江戸時代後期の落語家。
初代三遊亭円朝の父。もと武家の子。武家をきらって左官職となる。のち2代三遊亭円生の門にはいる。背中の彫り物から「駱駝(らくだ)」のあだ名があった。明治4年10月15日死去。本名は出淵(いずぶち)長蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android