橘家円蔵(7代)(読み)たちばなや えんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘家円蔵(7代) たちばなや-えんぞう

1902-1980 大正-昭和時代の落語家。
明治35年3月23日生まれ。大正12年8代桂文楽に入門,桂文雀を名のる。その後遊郭の妓夫太郎(ぎゆうたろう),幇間(ほうかん)となる。昭和16年復帰し,月の家円鏡をへて28年7代を襲名。昭和55年5月11日死去。78歳。神奈川県出身。本名は市原虎之助。著作に「てんてん人生」。
【格言など】自分が泣いてから笑ってもらうのです。さんざん自分が泣かされてからでなければ,人様を笑わすことは出来ない(「てんてん人生」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android