コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘旭宗(1世) たちばなきょくそういっせい

1件 の用語解説(橘旭宗(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橘旭宗(1世)
たちばなきょくそういっせい

[生]1892.6.5. 福岡
[没]1967.3.6. 東京
筑前琵琶演奏家,作曲家。日本橘会の宗家。初名吉村六郎。本名橘知定。橘流宗家 1世橘旭翁の養子となり,幼少より筑前琵琶を学ぶ。1世創案の五弦琵琶を 2世橘旭翁とともに完成させたり,また弾法を統一して譜本に著すなどして筑前琵琶の基盤を築くのに貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橘旭宗(1世)の関連キーワード階乗Nエヌ没・歿勃・歿・没三角数やさいのようせい N.Y.SALADn-6脂肪酸Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone