コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘旭翁(初代) たちばな きょくおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘旭翁(初代) たちばな-きょくおう

1848-1919 明治-大正時代の琵琶(びわ)演奏家。
嘉永(かえい)元年10月10日生まれ。琵琶法師の父にまなび,鹿児島で薩摩(さつま)琵琶を研究し,楽器奏法を改良。東京にうつって明治34年旭翁を名のり,のち旭会を結成し,筑前(ちくぜん)琵琶の普及につとめた。鶴崎賢定,吉田竹子とならんで筑前琵琶の創始者のひとりとされる。大正8年8月28日死去。72歳。筑前(福岡県)出身。本名は智定。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

橘旭翁(初代)

没年:大正8.8.28(1919)
生年:嘉永1(1848)
明治大正期の鶴崎賢定,吉田竹子とならぶ筑前琵琶の創始者のひとり。本名は智定,旭翁の名は明治44(1911)年から。博多の晴眼の盲僧として荒神琵琶に携わっていた。40歳のとき鹿児島に半年滞在し,あこがれていた薩摩琵琶を習い,帰郷後は筑前盲僧琵琶を基本に独自に楽器の改作,新様式の作品創作,楽譜作成を試みた。この音楽的革新の骨子は,宗教性からの脱却,三味線音楽への接近であったので,結果として優雅に歌う旋律型が多数作られ,また女性の琵琶音楽家育成にも努めた。50歳ごろからは東京に居を構え,筑前琵琶の全国普及に貢献した。主な作品に「石童丸」「扇の的」「小栗須」「菅公」「小督」「湖水渡」がある。 2代目旭翁は初代の子。本名一定。妹婿の初代橘旭宗と共に近代的な5弦の琵琶を考案した。3代目旭翁は2代目の子。本名定友。4代目旭翁は3代目の子。本名定利。<参考文献>芝成里・大坪草二郎『初代橘旭翁伝』(『筑前琵琶物語』として再刊,1983)

(山口修)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

橘旭翁(初代)の関連キーワード橘 旭翁(2代目)橘 旭翁(3代目)橘 旭宗(初代)橘 旭翁(初代)橘旭宗(1世)橘旭翁(2代)橘旭翁(3代)11月11日石村 涼月鶴崎 賢定10月6日豊田 旭穣松岡 旭岡高野 旭嵐那須与一隅田川物豊田旭穣中 義乗大正時代石村涼月

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android