コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘旭翁(1世) たちばなきょくおう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橘旭翁(1世)
たちばなきょくおう[いっせい]

[生]嘉永1(1848)
[没]1919
筑前琵琶橘流の宗家。本名智定。博多の盲僧琵琶が衰退の途にあったため,吉田竹子鶴崎賢定とともに薩摩琵琶などを研究して新しい筑前琵琶を創始した。 1898年上京して流派の発展をはかり,旭会を創立。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

橘旭翁(1世)の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))一八四八年の革命グリフィス石英岩ビダー牧野省三デミル(Cecil Blount De Mille)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android