橘湾(読み)たちばなわん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橘湾(徳島県)
たちばなわん

徳島県東部、阿南(あなん)市の南東にあり、紀伊水道に面したリアス式湾。湾口幅5キロメートル、奥行7キロメートル。湾内には小勝(こかつ)島、高島、野々島など大小10余の島々が点在し、弁天島にはアコウなど熱帯性植物群落(国指定天然記念物)がある。「阿波(あわ)の松島」ともよばれ、室戸(むろと)阿南海岸国定公園域となっている。水深は約15メートルで、天然の良港をなし、古くは海賊の活躍した地で伝説も多い。北岸には埋立てにより阿南発電所が立地し、日本電工(株)も進出している。また、小勝島も西岸が埋めたてられ橘湾発電所が立地、稼動している。湾岸には国際キャンプ場がある。北部の津峯(つのみね)(284メートル)からの湾内の眺望はすばらしい。[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

橘湾の関連情報