橘湾(読み)たちばなわん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橘湾(徳島県)
たちばなわん

徳島県東部、阿南(あなん)市の南東にあり、紀伊水道に面したリアス式湾。湾口幅5キロメートル、奥行7キロメートル。湾内には小勝(こかつ)島、高島、野々島など大小10余の島々が点在し、弁天島にはアコウなど熱帯性植物群落(国指定天然記念物)がある。「阿波(あわ)の松島」ともよばれ、室戸(むろと)阿南海岸国定公園域となっている。水深は約15メートルで、天然の良港をなし、古くは海賊の活躍した地で伝説も多い。北岸には埋立てにより阿南発電所が立地し、日本電工(株)も進出している。また、小勝島も西岸が埋めたてられ橘湾発電所が立地、稼動している。湾岸には国際キャンプ場がある。北部の津峯(つのみね)(284メートル)からの湾内の眺望はすばらしい。[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

橘湾の関連情報