機械式腕時計

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

機械式腕時計

ぜんまいが動力源。「匠」の精度は1日マイナス10秒~プラス15秒。クオーツ式は1969年に商品化され、1日1秒以下の高精度と量産しやすさが特長。世界の市場の98%がクオーツ式とされる。一方でスイスのメーカーに代表される高級時計の多くは機械式で、宝飾と同じように愛用されている。

(2010-06-10 朝日新聞 朝刊 長野東北信 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

機械式腕時計の関連情報