コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機能別組織 きのうべつそしき

1件 の用語解説(機能別組織の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

機能別組織

営業、製造、人事、経理、総務などの機能別に編成された組織のこと。職能別組織ともよばれ、単一事業の企業に適している。最も基本的な組織形態であり、各部門の機能に重複がないことや機能別の専門化が進むことで、コストを低く抑えることができる。 機能別組織では、1つの事業に関する調整が複数の部門にまたがるため、意思決定を経営トップに集中させ、トップダウンで事業を展開することになる。ところが、顧客層や取り扱い製品が多様化し1社で複数の事業を営むようになると、どの事業もトップの意思決定を待つことが多くなり、事業ごとに見たときのスピードが低下する。また、各機能別部門が自部門の利害を考えて駆け引きを行い、事業ごとの責任があいまいになるケースが多い。 こうした弊害を回避するために、経営規模の拡大に合わせて事業部制に再編されるが、事業部制組織も1事業部内を見ると機能別組織となっている。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

機能別組織の関連キーワードブランドの機能職位総務庁機能別戦略営業案内主知禁止営業機能別消防団員

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

機能別組織の関連情報