檀 れい(読み)だん れい

タレントデータバンクの解説

檀 れい


芸名
檀 れい

性別
女性

生年月日
/08/04

星座
しし座

血液型
A

身長
162cm

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
1992年に宝塚歌劇団に入団し月組、星組のトップ娘役を務める。2005年に退団してからは、映画『武士の一分』に出演し、その年の映画各賞を多数受賞した。その他の主な出演歴は、映画『母べえ』(監督・山田洋次/野上久子役)、『感染列島』(監督・瀬々敬久)、『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』(監督・松岡錠司)、テレビ東京『父からの手紙』、NHK『八日目の蝉』(主演・野々宮希和子役)、TV-CM『サントリー金麦」』『資生堂「ベネフィーク」』『全日空「LIVE 中国 ANA」』等。

代表作品
CM『サントリー「金麦」』『近畿日本鉄道』 / 映画『武士の一分』ヒロイン・三村加代役(2007) / テレビ『福家警部補の挨拶』(2014)

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

檀 れいの関連情報