コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜・檜木・桧・桧木 ひのき

大辞林 第三版の解説

ひのき【檜・檜木・桧・桧木】

ヒノキ科の常緑針葉高木。日本特産種。福島から屋久島に分布し、また広く植林される。樹皮は赤褐色、葉は鱗片りんぺん状で密につく。雌雄同株。四月に開花し、のち径約1センチメートルの球果をつける。材は淡黄色、緻密ちみつで芳香があり、建築・家具・船舶・彫刻などに重用される。古名、ひ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

檜・檜木・桧・桧木の関連キーワード雌雄同株ヒノキ科屋久島赤褐色船舶芳香樹皮球果古名

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android