コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜枝岐[村] ひのえまた

2件 の用語解説(檜枝岐[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひのえまた【檜枝岐[村]】

福島県南西端,南会津郡の村。人口727(1995)。栃木,群馬,新潟の3県に接する。東北地方第1の高峰燧ヶ岳(ひうちがたけ)(2356m)をはじめ,駒ヶ岳(会津駒),帝釈(たいしやく)山など標高2000mを超える山地が村域の大部分を占め,国有林が広がる。平地は伊南川上流の檜枝岐川に沿ってわずかにみられるが,高冷地のため農業はふるわない。第2次大戦前までは曲輪(まげわつぱ),へらなど木材加工を主産業としてきたが,1961年新潟県境の只見川に建設された奥只見発電所固定資産税収入をもとに林産所,国民宿舎などの公共施設づくりが行われ,また群馬県境にある日光国立公園尾瀬ヶ原などの豊かな自然環境を生かした観光開発が進められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

檜枝岐[村]【ひのえまた】

福島県の南西端,南会津郡の村。栃木・群馬・新潟の3県と接し,このうち西側の新潟県境は只見川が流れ,奥只見ダム奥只見湖三条ノ滝があり,最南東端には尾瀬ヶ原が広がる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

檜枝岐[村]の関連キーワード血族南苑航空事故アナアナ変換アナログ周波数変更フードコーディネーター雫石町上空での空中衝突事故全日空機の雫石事故渤海国一行

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone