コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜枝岐[村] ひのえまた

2件 の用語解説(檜枝岐[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひのえまた【檜枝岐[村]】

福島県南西端,南会津郡の村。人口727(1995)。栃木,群馬,新潟の3県に接する。東北地方第1の高峰燧ヶ岳(ひうちがたけ)(2356m)をはじめ,駒ヶ岳(会津駒),帝釈(たいしやく)山など標高2000mを超える山地が村域の大部分を占め,国有林が広がる。平地は伊南川上流の檜枝岐川に沿ってわずかにみられるが,高冷地のため農業はふるわない。第2次大戦前までは曲輪(まげわつぱ),へらなど木材加工を主産業としてきたが,1961年新潟県境の只見川に建設された奥只見発電所固定資産税収入をもとに林産所,国民宿舎などの公共施設づくりが行われ,また群馬県境にある日光国立公園尾瀬ヶ原などの豊かな自然環境を生かした観光開発が進められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

百科事典マイペディアの解説

檜枝岐[村]【ひのえまた】

福島県の南西端,南会津郡の村。栃木・群馬・新潟の3県と接し,このうち西側の新潟県境は只見川が流れ,奥只見ダム奥只見湖三条ノ滝があり,最南東端には尾瀬ヶ原が広がる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

檜枝岐[村]の関連キーワード会津帝釈山田代山金紋会津國権しもごうたじま小栗山喜四郎開当男山瑞祥花泉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone