コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫓・艪

大辞林 第三版の解説

ろ【櫓・艪】

和船を漕ぐための道具。木製。全体が櫓腕ろうでと櫓脚ろあしからなる継ぎ櫓が一般的で、櫓腕先端にある櫓柄ろづかとその上部についている突起の櫓杆ろづくとを両手で握って漕ぎ、水中に入れた櫓脚で水を切るように練って船を進める。櫓脚にある入れ子という穴部を船にある小突起の櫓杭ろぐい(=櫓臍ろべそ)にはめて支点とし、櫓腕にある櫓杆に櫓綱ろづな(=早緒はやお)をかけて船床につないで漕ぎやすいようにしてある。西洋式の櫂かいよりも効率のよいすぐれた推進具。 「 -をこぐ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

櫓・艪の関連キーワード櫓脚