櫓投(読み)やぐらなげ

精選版 日本国語大辞典の解説

やぐら‐なげ【櫓投】

〘名〙 相撲のきまり手の一つ。四つに組んでさらに踏み込み、相手の内股を自分の足に乗せてはね上げぎみにふり回して投げる技。上手まわしをひいている方の足で投げるのを「上手やぐら」、差し手から投げるのを「下手やぐら」という。
※評判記・古今役者物語(1678)「なげに取ては大なげ小なげ、はりまなげとておとすはやぐらなげ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android