櫓落・矢倉落(読み)やぐらおとし

精選版 日本国語大辞典の解説

やぐら‐おとし【櫓落・矢倉落】

〘名〙
① 要塞のやぐらを突きくずすために用いる柄の長い槍。やぐら。
※武家拾要記「今の長柄と云ふは古への矢倉落しなり」
② 男子、特に相撲力士の結髪。鬢たぼを十分に三方に張り出し、ひらたく下げて結うもの。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉五六「頭は櫓落(ヤグラオト)しといふ髪(あたま)、一体角力取の愛敬といふものは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android