コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫨の木・黄櫨 はぜのき

大辞林 第三版の解説

はぜのき【櫨の木・黄櫨】

ウルシ科の落葉高木。沖縄以南、南アジアに分布。採蠟ろうのために各地で栽植される。樹皮は灰褐色。葉は大形の羽状複葉。雌雄異株。五月頃、淡黄色の小花を円錐状につける。紅葉が美しい。琉球櫨。ハジウルシ。ハジノキ。ハゼ。 〔「櫨の実」 「櫨紅葉」は [季]秋〕
ヤマハゼの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

櫨の木・黄櫨の関連キーワードヤマハゼ雌雄異株灰褐色

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android