次世代スーパーコンピューター

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

次世代スーパーコンピューター

世界最速の超高速電算機で、パソコンの1千倍以上の性能を持つとされる。地球環境やナノテクノロジーなどへの活用が想定されている。06年から理化学研究所が中心になって事業を進め、10年度末に一部が稼働し、12年に完成する予定。事業総額は1230億円。開発は電機大手3社が進めてきたが、今年5月にNECと日立製作所が撤退を表明。富士通だけが残っている。

(2009-11-14 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android