次世代無線通信

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

次世代無線通信

総務省が2社に割り当てる2.5ギガヘルツ帯の周波数での無線通信。無線LAN並みの通信の速さと、携帯電話の広域性を併せ持つ。各社は米半導体大手インテルが推進する技術「ワイマックス」と、現行のPHSを発展させた「次世代PHS」の二つの方式に分かれて、次世代無線通信への参入を目指す。

(2007-10-13 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

次世代無線通信の関連情報