コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

次世代航空保安システム じせだいこうくうほあんしすてむ

知恵蔵の解説

次世代航空保安システム

2005年2月に打ち上げられた運輸多目的衛星(MTSAT:multi‐functional transport satellite)や衛星航法補強システムなどを活用し、航空交通容量を増やすもので、06年7月から実施された。航空管制の及ばない洋上では、15分間、距離約120カイリ(1カイリ=1852m)の間隔を空けて航空機を飛ばしていたが、MTSATの運用開始で、衛星からの電波によって航空機が高度や位置を把握できるようになったため、30カイリ間隔に短縮され、航空交通容量は3倍に拡大した。

(平栗大地 朝日新聞記者 / 松村北斗 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

次世代航空保安システムの関連キーワードラムサール条約日本のラムサール条約登録湿地小泉純一郎内閣APEC[各個指定]工芸技術部門リー イーユンアンドルー ジョーンズロナウジーニョいたばし太郎

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android