コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欧州合衆国とユーロ圏

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

欧州合衆国とユーロ圏

第2次世界大戦直後、チャーチル元英首相が欧州合衆国の構想を提唱した。EUは04年の東方拡大で加盟国は25カ国に増えた。一方、単一通貨ユーロは99年に仏独伊、ベルギーオランダなど11カ国が導入し、後にギリシャが加わった。12カ国はユーロ圏を構成し、経済の一体化が進んでいる。ベルギー首相が唱える欧州合衆国はユーロ圏による先行統合論として知られ、シラク仏大統領が1月、「12カ国には統合を進める使命がある」と支持を表明した。

(2006-03-07 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android