コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欧州統合の歩み

1件 の用語解説(欧州統合の歩みの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

欧州統合の歩み

第2次大戦で疲弊した経済を立て直し、仏独の不戦体制を構築するため、1952年に欧州石炭鉄鋼共同体が設立された。加盟国は仏独とイタリアベルギーオランダルクセンブルク。この6カ国は57年、欧州連合(EU)の前身の欧州経済共同体(EEC)設立を決めたローマ条約に調印。翌年、発足し、欧州共同体(EC)、EUへと発展。4次の拡大で加盟は増え、04年には中東欧など10カ国が一気に仲間入りし、東西欧州の再統合を実現。現在は27カ国。

(2007-06-01 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

欧州統合の歩みの関連キーワード魚雷艇荒療治炸薬仕立て直し手立て永安法改革開放立直し建直し名を立てる

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

欧州統合の歩みの関連情報