欧州統合の歩み

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

第2次大戦で疲弊した経済を立て直し、仏独の不戦体制を構築するため、1952年に欧州石炭鉄鋼共同体設立された。加盟国は仏独とイタリアベルギーオランダルクセンブルク。この6カ国は57年、欧州連合(EU)の前身の欧州経済共同体(EEC)設立を決めたローマ条約調印翌年、発足し、欧州共同体(EC)、EUへと発展。4次の拡大で加盟は増え、04年には中東欧など10カ国が一気に仲間入りし、東西欧州の再統合を実現。現在は27カ国。

(2007-06-01 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android