コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川国峰 うたがわ くにみね

1件 の用語解説(歌川国峰の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

歌川国峰

幕末・明治の浮世絵師。二代目国久の次男。本名は勝田銀之助、号は梅蝶楼。新聞等に絵を書いた。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌川国峰の関連キーワード初代歌川国貞歌川国久(初代)鳥居清満錦絵歌川国久(2代)里の家芳滝蒔絵師源三郎吉川盛信

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone