歌川芳艶(初代)(読み)うたがわ よしつや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

歌川芳艶(初代) うたがわ-よしつや

1822-1866 江戸時代後期の浮世絵師。
文政5年閏(うるう)1月1日生まれ。歌川国芳門人。武者絵を得意とした。刺青下絵,江戸浅草奥山の生き人形の看板絵で知られた。慶応2年6月22日死去。45歳。江戸出身。は甲胡。通称万吉。別号に一栄斎,一英斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android