コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川豊国(三代) うたがわ とよくに(三代)

美術人名辞典の解説

歌川豊国(三代)

江戸後期の浮世絵師。江戸生。姓は角田、名は庄蔵、のち肖造と改める。初号国貞別号に一雄斎・五渡亭・香蝶楼・琴雷舎等多数。幼少より画才を認められ、初代豊国の門に入って歌川と称し、絵の修業を積んだ。美人画を得意とし、化政・天保期を風靡するほどの勢いと力を持っていた。元治元年(1864)歿、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

歌川豊国(三代)の関連キーワード善知鳥安方忠義伝歌川国輝(初代)歌川国安(初代)歌川国久(初代)歌川国政(3代)歌川国輝(2代)歌川国虎(初代)歌川豊国(2代)白縫譚・白縫物語歌川国宗(2代)歌川国政(初代)歌川国久(2代)歌川国貞(2代)歌川国満(初代)豊国(歌川豊国)雷太郎強悪物語青砥稿花紅彩画桜姫全伝曙草紙釈迦八相倭文庫白浪五人男

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android