コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川豊国(三代) うたがわ とよくに(三代)

1件 の用語解説(歌川豊国(三代)の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

歌川豊国(三代)

江戸後期の浮世絵師。江戸生。姓は角田、名は庄蔵、のち肖造と改める。初号は国貞、別号に一雄斎・五渡亭・香蝶楼・琴雷舎等多数。幼少より画才を認められ、初代豊国の門に入って歌川と称し、絵の修業を積んだ。美人画を得意とし、化政・天保期を風靡するほどの勢いと力を持っていた。元治元年(1864)歿、79才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌川豊国(三代)の関連キーワード細田栄之初代歌川国貞歌川豊麿鳥居清次藤麿籟堂葛飾北洋菊川派歌川広近(初代)詮茂

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone