コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌沢・哥沢・うた沢(読み)うたざわ

大辞林 第三版の解説

うたざわ【歌沢・哥沢・うた沢】

三味線音楽の一種目。幕末期の江戸の端唄大流行の中で歌沢連と称する一同好団体(中心人物は歌沢笹丸、のち大和大掾やまとのだいじようを受領)が、渋い味の端唄を歌い広めたのに始まる。のちに歌沢寅右衛門の寅派と哥沢芝金しばきんの芝派の二派に分かれた。両派を合わせて呼ぶ際には「うた沢」と書く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる