コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌舞伎の興行

1件 の用語解説(歌舞伎の興行の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

歌舞伎の興行

大正初期までに京都・南座と東京・歌舞伎座を取得した松竹が、現在はほとんどを制作する。直営の歌舞伎座(休館中)や新橋演舞場ではほぼ毎月、南座、大阪松竹座でも年数回、約1カ月にわたる公演をしている。名古屋御園座、福岡・博多座、東京・国立劇場など大劇場やホールでも不定期に公演。月ごとに演目を変え、昼の部と夜の部で別の内容にすることが多い。料金は大名跡の襲名興行や人気役者がそろう顔見世(かおみせ)興行の場合、高い席では2万円を超すこともある。

(2013-02-05 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎の興行の関連キーワード木挽町遊女歌舞伎歌舞伎子歌舞伎役者京都四條南座東京都新宿区歌舞伎町京都府京都市東山区大橋町吉田暎二大阪歌舞伎座大阪新歌舞伎座

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone