コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌舞伎の興行

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

歌舞伎の興行

大正初期までに京都・南座と東京・歌舞伎座を取得した松竹が、現在はほとんどを制作する。直営の歌舞伎座(休館中)や新橋演舞場ではほぼ毎月、南座、大阪松竹座でも年数回、約1カ月にわたる公演をしている。名古屋・御園座、福岡・博多座、東京・国立劇場など大劇場やホールでも不定期に公演。月ごとに演目を変え、昼の部と夜の部で別の内容にすることが多い。料金は大名跡の襲名興行や人気役者がそろう顔見世(かおみせ)興行の場合、高い席では2万円を超すこともある。

(2013-02-05 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

歌舞伎の興行の関連キーワード歌舞伎年代記座元(座本)佐渡嶋長五郎大久保今助狂言立て一番目物寄進芝居女役者寿狂言金主大切積物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歌舞伎の興行の関連情報